誠華堂(せいかどう)|和紙・色紙・短冊・書道用品・水墨画用品・額縁

「おはようございます!」

お店に一歩はいると店主自ら気持ちのよい挨拶をしてくれる。初めて店に入ったときもそうだが、何度行ってもこの挨拶を聞くたびにほっとするだろう。

いや、この挨拶を聞くためにまた来たくなるような不思議さがこの挨拶にはある。

和紙・短冊、書道・日本画用品、額縁、折り紙・ちぎり絵・押し絵の材料など幅広く揃う店

誠華堂は、1階は色紙・短冊、2階は書道用品・水墨画用品、3階は額縁、4階はお教室になっている。

置いてある商品は全て日本製である。

見出しの通り誠華堂の品揃えは抜群で、素人の私でさえ一点一点をじっくり見たくなるのだから、その道のマニアがみたらきっと一日中いれてしまうのではないだろうか。

1階 色紙・短冊

友禅紙・もみ和紙コーナー

祝儀袋・ポチ袋コーナー

こちらのポチ袋は誠華堂の講師が描いたものを印刷して作ったオリジナルのもの。

色紙コーナー

2階 書道用品・水墨画用品

筆コーナー

顔彩コーナー

※一部の顔彩↓は1階にもある。

半紙・画仙紙・料紙・水墨画用紙・折本

3階 額縁

衝立・屏風・色紙掛け・賞状額・勲章額

ここで載せた商品は一部だけで他にもっと沢山の商品があるので、是非訪れてみて欲しい。クリエイターの心をくすぐるようなものが沢山あるはずだ。

「売れないもの」を時を重ねてうる

誠華堂は創業52年(2021年2月現在)つづくお店だが、店主は「この業界ではまだ若い」と言う。200年~400年と続くお店があるらしい。

でも、ここにしかない商品が沢山ある。

20~30年前にバブルがはじけた頃、デフレが起き低価格帯のものが売れ日本製の上質なものが売れなくなった時代。

誠華堂はあえて「売れない商品ばかりを売ろう」と決めた。

これは価格競争を避けることと、時を重ねることにより日本製の良いものが売れる商品になるのを待つことにしたからだ。紙も墨も時間を経れば経るほど深みのある色へ、更に書きなじみが良くなる。”良いもの”が更に良くなるのだ。

こうして誠華堂はニッチなものばかり、コンビニはもちろん百貨店にもないような希少なものが沢山あるお店になった。

お店からのメッセージ
画材・道具の使い方(例えばにじませ方)など困ったことがあれば来てください。相談にのります。

取り扱い商品

  • はがき
  • 色和紙
  • 友禅紙
  • 和紙小物
  • 懐紙
  • 金封
  • 半紙
  • 画仙紙
  • 料紙
  • 顔彩
  • 水墨画用紙
  • 画筆
  • 折本
  • 衝立
  • 屏風
  • 色紙掛け
  • 賞状額
  • 勲章額

基本情報

店名誠華堂(せいかどう)
所在地大阪府大阪市中央区北久宝寺町1-7-2
営業時間平日9:00-18:00 土曜9:00-17:00
定休日日曜・祝日・盆・正月
決済方法現金(金額によりクレジットカードの利用可)
電話番号06-6261-7158
ホームページhttps://seikadou.co.jp/

関連記事

  1. 未樹|ブライダル/舞台衣装生地・材料(サテン・チュール・オーガンジー・レース等)

  2. 鳥居|綿・麻・ウール・合繊・ニット・平織・芯地・裏地など

  3. インド服飾雑貨NiDhi(ニディ)|インド綿・シルク・ウール

  4. 日本紐釦(別館Chuko)|輸入生地・手芸用品・リボン

  5. 原商店|綿織物・麻・シャツ生地

  6. 生地屋ベルファイン|ニット生地が豊富~天然繊維から合繊まで~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。